イタチの被害

イタチが自宅に住み着いてしまった場合は

イタチが自宅に住み着いてしまった場合はそれなりの被害を想定する必要があります。イタチが住み着いた場合、自宅の何処に巣を作るかというと、それは天井裏になります。そこで覚悟しなければならないのがイタチのもたらす被害です。イタチは天井裏で食事を行うために、天井裏にイタチが食べた後の小動物の残骸が散らばってしまいます。当然、イタチが食い散らかした小動物の残骸は時間の経過と共に腐敗していきますので、時間が経つにつれてウジやハエ、ゴキブリなどが発生してしまいます。そうなった場合は当然、天井裏から室内にハエやゴキブリが降りてくる可能性が高いので注意が必要です。さらに天井裏で排便までしてしまうので非常に汚い状態になります。

退治するには専門業者へ依頼する必要があります

上記で述べたようにイタチは天井裏で排便を行うのでそれに伴なう悪臭も当然ながら発生してしまうことは避けられません。そういった事態が続いた場合は天井板の床板も傷ついてしまうため、最悪の場合は天井裏の床板などをリフォーム工事によって交換する必要が発生します。この様な事態を防ぐためには、できるだけ早期にイタチの退治を行ってくれる専門業者へ依頼するということが非常に大切です。退治が遅くなればなるほどイタチのもたらす被害は深刻になってしまいますので、いちはやく退治することによって被害の拡大を抑えることが可能なのです。イタチの退治を行ってくれる専門の駆除業者は現在では調べれば簡単に見つけることができますので、近隣の駆除業者に依頼しましょう。